ネットカジノ登録方法.com|注意事項

ネットカジノ登録方法.com違法性イカサマ性危険性注意事項

ネットカジノでの注意点

 最近ではネット犯罪などが増えてきています。大金が動くオンラインカジノが今後のターゲットになることが予想出来ます。

 予期せぬトラブルや犯罪に巻き込まれないためにも個人情報が特定できる行為はしないように注意して下さい。

 これは登録の際に偽名で登録するとかではなくネットカジノで遊ぶ際にプレーヤー同士でチャットをしたりSNSに自分のIDが出ている画像やチャット画像などをUPしたり、勝ちを自慢したりはしないようにして下さい。

 IDなどから個人を特定することが出来る場合、ターゲットになる可能性をなくすためです。

 どのようなケースでトラブルに巻き込まれるか予想も出来ないので、基本的にはネットカジノ内でのチャットはしないようにして下さい。

 その場にいるのが日本人だけとは限りません。

 オンラインゲームの感覚で気軽にチャットしていると個人を特定できることを言ってしまったり、恨みを買うこともあるかもしれません。

 ネットカジノはひっそりとこっそり遊ぶようにして下さい。

ネットカジノを利用する際の約束

 ネットカジノを利用する方に楽しく安全に遊んで頂くためにも数点約束と言うか自分ルールを作って遊んで頂きたいです。

 簡単な約束事を数点書いて置きます。変なトラブルなどに巻き込まれないためにも以下の約束を守って楽しんで頂きたいです。


・プレー画像をSNSなどで自慢しない
・FacebookやTwitterやブログなどにプレー画像をUPしない
・ネットカジノのIDやユーザー名を教えない
・チャットで発言はしない
・SNSなどのIDとネットカジノのIDやPASSは別物にする
・金額の履歴や収支の履歴など公表しない
・家族や友人に自分のIDを使わせない
・お小遣いの中だけで遊ぶようにする
・直接クレジットカードで決算をしない


 以上の約束を守って健全にプレーして頂ければ普通に遊ぶよりは安全に長く楽しめると思います。

 顔を見せないでもいいので何を言っても大丈夫だろうと思い横柄な態度や自慢話などが目立つと恨まれたり嫌われたりすることもあります。

 SNSで悪く言われたり個人情報を晒されたり、警察などに密告されたりと何をされるかわからないので基本的にはネットカジノ内では他人と関わらないようにするのが最も安全です。

 自分が顔を見せていないので普段より発言に慎重さがなくなる人も多いですが、顔を見せていないのはあなただけではないってことを忘れないようにして下さい。

ネットカジノでの注意事項

 法律的には海外にサーバーのあるネットカジノを利用して海外の金融機関を利用して海外で決算をしていれば日本の法律上では起訴できないのですが、特殊な使い方をしたり、海外を装い日本国内で開帳しているネットカジノであったり、決算を日本国内で行ったり、知人や友人のベットを代わりにしてあげる行為などの使い方をすると違法になり逮捕される可能性があります。

 当サイトで紹介しているネットカジノを利用して頂き、決算も当サイトで紹介する海外金融機関を通じて決算をされると法律的な問題はほぼなくなりますが、友人などのベットを代わりにする行為はかなり危険なので絶対にしないようにして下さい。

 このケースで逮捕されたことは聞いたことはありませんが、法律の抜け道を使った利用方法なのでその抜け道そのものを無効にしてしまう行為なので友人の代わりにベットするのは絶対にしないようにして下さい。

 賭博罪は2者を揃えて捕まえる必要がありますが、胴元が海外の合法企業の場合、胴元を捕まえられないので起訴まで行きませんが、友人があなたのIDで海外のネットカジノで賭けをした場合、胴元があなたで、友人が張子となり、賭博罪の2者が揃います。

 ケースとして考えられるのが、海外競馬の凱旋門賞をあなたが賭けていて、それを知った友人が、俺の分も1万円分買っといて、っと頼んできて友人から1万円を受け取った場合、貴方が胴元で集金までしたことになるので賭博罪が十分に成立してしまいます。

 友人ではなく、親子や兄弟や夫婦であっても賭博罪が成立してしまうので、あなたのIDで賭けをする場合はあなた本人だけしか使わないように十分に注意して下さい。
次のページ・・・海外金融機関

ネットカジノ登録方法.com

Copyright (C) 2018~ ネットカジノ登録方法ドットコム All Rights Reserved.