ネットカジノ登録方法.com|違法性について

ネットカジノ登録方法.com違法性

ネットカジノって違法?

 日本ではネットカジノやオンラインカジノは運営することや開帳することやプレーすることは違法となっています。

 まずはネットカジノは違法であることを理解して頂いてから楽しんで下さい。

 しかし、違法と言ってもそれは日本の法律での話なのがミソなのです。

 当サイトで紹介しているネットカジノは全て海外で運営され開帳されているカジノです。

 日本の法律では違法であるネットカジノも海外では合法なので他国の法律に介入することが困難なので日本で海外のネットカジノに限り取り締まる手立てがなく、違法であっても逮捕することも起訴することも非常に困難なので違法であるが捕まえられない現状なのです。

 過去にネットカジノで逮捕されたケースは数例あるのですが、その大半が海外のカジノを利用して日本で客を集めその場で決算をする方法で逮捕されるケースが多く

 この場合は海外の合法カジノを利用して、日本国内で金銭のやりとりを発生させて日本で開帳してしまう場合は逮捕されるのです。

 この辺りが微妙なので初心者の方が適当に探したネットカジノで遊ぶ場合は逮捕される場合もあるのです。

賭博罪について

 少し法律の話になりややこしくなるのですが、安全に遊ぶにはある程度は法律を理解している方が安心して楽しめるので法律について説明しておきます。

 ネットカジノで問題になる法律はまずは賭博罪です。

 賭博罪は日本でネットカジノは違法賭博になり賭博罪に抵触する賭博なので、日本国内でプレーするのも開帳するのも違法行為になります。

 しかし、この賭博罪には抜け道があり、賭博とは胴元と張子の2者を揃えて初めて立件することの出来る罪になります。簡単に言えば、賭博は1人では出来ないので賭ける側と受ける側の両方がいないと成立しない罪です。

 ネットカジノの場合は日本でネットカジノを違法にプレーしても胴元(受ける側)が海外で合法的に運営されてるカジノの場合、日本の法律では胴元を取り締まることが出来なく、大前提の2者を揃えることが出来ないので、ネットカジノでプレーしても起訴することが出来ないので逮捕しても不起訴になることから逮捕されることがないのです。

 数年前に警察がネットカジノをプレーした人を逮捕して、法廷で争い不起訴なったことから、日本国内でプレーしても胴元が海外にあり海外で決算をしてサーバーが海外に設置されてる場合は不起訴になる前例が出来たので、ネットカジノのハウスを慎重に選べば逮捕されることはなくなりました。

 初心者の方が適当に探してプレーした場合は運営が日本国内にあったり、サーバーが日本にあったり、金銭を日本国内でやり取りしてしまう可能性もあるので、その場合は逮捕される可能性はあるので十分に注意してハウスは選んで下さい。

 なので、初心者のうちは適当に探してプレーするのではなくしっかり理解して慣れるまでは、自分の判断でハウスを選ばずに当サイトで紹介しているハウスだけを使い法的にも安全に遊ぶようにして下さい。

海外旅行でカジノで遊んでも捕まらない

 ネットカジノで遊んでも逮捕されないのは、賭博罪の2者を揃えないと賭博にはならないことと、もう一つが海外旅行でラスベガスやマカオなどでカジノで遊んでも逮捕されないのと同じ状況をインターネットを使い再現するので逮捕されることがないのです。

 刑法第2条、刑法第3条であるように、日本人が海外旅行などで日本国外で活動する際は日本の法律ではなく、現地の法律の元で活動することを法律で定められています。

 お酒は二十歳になってからですが、海外で18歳から飲酒が出来る国へ旅行に行った際は、未成年でも18歳以上であれば現地で飲酒をしても逮捕されないし、日本に戻ってきた際に改めて逮捕されることもありません

 カジノも同様で、日本ではバカラや野球賭博やルーレットなど違法賭博になりますが。ラスベガスなどでは当たり前に運営され合法的に賭けることが出来ます。

 ラスベガスに旅行に行ってカジノを遊んでも日本に戻って改めてラスベガスで賭博をしたので逮捕しますってことにはなりません

 ネットカジノもこれと同じ状況をインターネットを使い再現するので、ハウス(胴元)が海外で国際法により運営許可のある合法的に運営されてる企業で決算を日本国内ではなく海外でしてサーバーもカジノが合法な国に設置されてる状況であれば海外旅行でカジノをしているのと同じ状況になり、日本の法律では裁くことが出来なくなるのです。
次のページ・・・イカサマについて

ネットカジノ登録方法.com

Copyright (C) 2018~ ネットカジノ登録方法ドットコム All Rights Reserved.