ネットカジノ登録方法.com|ブラックジャックの遊び方

ネットカジノ登録方法.com < 遊び方ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックについて

 世界で最も台数の多いテーブルゲームがブラックジャックです。

 日本のカジノではあまり人気が無く、ブラックジャックと言えば手塚治虫ってイメージだと思います。

 ブラックジャックはディーラーとの勝負を楽しめる意外と珍しいタイプのゲームです。

  カジノにあるゲームは客とハウスが直接戦うようなギャンブルは意外と少ないのですが ブラックジャックはモロにディーラー(ハウス)と勝負する感じになります。

 日本では人気の無いのは直接客とハウスが勝負することを嫌ってなのかもしれません

 日本のカジノは違法に運営しているケースが多いので 直接客に恨みを買うと不都合が多く、スジ者が経営していて、客の大半がそのスジ者の身内や普通にややこしい客ばかりなので ハウスとしては置きたくない台になるのだと思います。

 ブラックジャックのルーツは、18世紀にフランスで行われていた「ヴァンテ・アン」というカードゲームが原型と言われています。

 ヴァンテ・アンとはフランス語で「21」を意味し、このゲームが19世紀にアメリカへ渡った頃、 「スペードのAと黒(スペードまたはクラブ)のJ(ジャック)」による「21」にはボーナスが支払われるようになり、そこからこのゲームを「ブラックジャック」と呼ぶようになりました。

ブラックジャックの遊び方

 先ず、各プレイヤーに2枚ずつカードがオープンして配られます。

 ディーラーには1枚オープンで1枚は伏せて配られます。

 プレイヤーは、ディーラーの点数を予想しながら自分の点数を作り、最終的に ディーラーと点数を勝負して勝てば配当がもらえます。

 ただし、「21点」を超えて しまうと「バースト」となり、その場でチップとカードが回収されます。

 プレイヤーは、「21点」を超えない限り何枚でもカードを追加することができます。

 Aは11点か1点と数え、10、J、Q、Kは10点と数えます。
 カードを追加する場合を「ヒット」といい
 ハンドアクションは指で軽くテーブルを叩きます。
 逆にカードがいらない場合は 「ステイ(スタンド)」といいます。
 ハンドアクションは手を軽く左右に振ります。
 プレイヤーは自分でカードのヒットもステイも選べますがディーラーは自分で決めることが出来ずルールにのっとてヒットやステイは決められています。

 ディーラーは「16点以下」であればヒットし、「17点以上」 になればステイでこの時点で勝負です。

 ディーラーがバーストした場合は、プレイヤーの勝ちとなります。

 また、同点の場合は「プッシュ」といい、引き分けとなりチップはそのままです。

ブラックジャックのアクション

 ブラックジャックにはヒットとステイ以外にプレーヤーが選択できるアクションがあります。

 手にカードが2枚配られた際にその時のカードの数字や状況によって選択できるアクションがダブルダウン・スプリット・インシュランス・サレンダーです。
ダブルダウン

 3枚目のカードをヒットする際、賭け金を追加して倍額で勝負できます。
 その代わり、どんなカードが来てもその1枚しか引けません。
スプリット

 最初に配られたカードの数字が同じ数字の際は、カードを2枚に分けて勝負できます。
 但し、賭け金と同額を追加しないといけません。
インシュランス

 ディーラーのアップカードが「A」の時、インシュランス(保険)を掛けることができます。
 ディーラーがブラックジャックの場合賭け金はそのままでブラックジャックでなければインシュランスベットのみ回収されゲームは続行します。
サレンダー

 カードを追加する前に勝負を棄権することができます。
 この場合、賭け金の半額が没収されます。
 ハンドアクションは人差し指で横に線を引きます。
 ブラックジャックは基本ルールは以上ですが、世界一台数が多いゲームなので国や地域やお店によって独自の地方ルールが存在します。

 7・7・7の21でスリーセブン、A・2・3・4・5・6の21でエーストゥシックス、6・7・8の21でシックストゥエイトなど配当が数十倍つくなどマニアックな地方ルールが多くあります。

 アメリカでは人気のあるゲームですが、日本ではイマイチ人気がありませんが必ずといって良いほどどこのハウスにもあるので遊ぶ機会もあると思います。

ブラックジャックをするならこのハウス

 ・・・インターカジノの詳細はこちら
 ・・・インペリアルカジノの詳細はこちら
次のページ・・・ポーカーの遊び方

ネットカジノ登録方法.com

Copyright (C) 2018~ ネットカジノ登録方法ドットコム All Rights Reserved.